CADって何をするためのもの?2DCADや3DCADの違いも知りたい!!


パソコンを使って製図を行う

建物や機械を実際に作るときは設計図が必要になります。伝統工芸等では設計図や下書きなどをしなくても目的物を作り上げる人もいますが、建物等だと構成部分が非常に多いので設計図がないと正確に作り上げられないかもしれません。コンピュータがない時代は設計図は手描きで行っていたようですがパソコンの利用が広まってからはパソコン上で製図ができる仕組みが用意されそれをCADと言います。

ただCADを使って製図を行うには膨大な情報を扱うためあまり性能の低いパソコンだとうまく使えません。グラフィック性能が高いパソコンやパソコンよりも処理能力が高いとされているワークステーションであればスムーズに製図が行えるでしょう。CADソフトによっても使い勝手が異なり分野ごとに対応した専用ソフトを使う方が良いとされます。

2次元CADと3次元CADの違い

設計図の多くは平面で描かれたタイプでこちらは2次元情報になります。一方建物や機械は完成すると立体になり完成予想図などは3次元情報によって表現されます。設計の時に使われる仕組みとしてCADがあり2次元CADは平面図での設計、3次元CADは立体図での製図を行えます。ただそれぞれの用途は少し異なり現場などで使われるのは2次元CADで作成された設計図になるでしょう。

3次元CADはあくまでも完成予想図をチェックするのに使うのでありそれを元に実際に建物を建てたりはしないかも知れません。一方でCADソフトの中には3次元CADで作成した情報を2DCADに変換する仕組みがあり、イメージしやすい3次元から作成する人もいるようです。基本は2次元CADになるでしょうからまずは2次元CADを使いこなせるようにしましょう。

水道CADはサポートが重要です。規格の変更対応や利便性のバージョンアップなどを実施してくれるかがポイントです。