CAD導入後に作業効率をアップさせるには何に気を付けるべきか


業務内容に適したCADのソフトを選択しよう

CAD導入は、各地の民間企業において設計や新製品の開発、配線工事など様々な作業を効率よく進めるために欠かせない取り組みとなっています。特に、初めてCADの専用のソフトを現場に採用する際は、できる限り日々の業務内容に適したソフトを選択することが大切です。最近では、建築やデザイン、機械など様々な分野に特化したCADのソフトが続々と登場しており、事業規模にかかわらず多くの現場で支持が集まっています。また、ソフトの種類によっては導入時にパソコンの設定をしなければならなかったり、基本的な操作方法を覚えるために研修が必要となったりすることもあります。そのため、余裕を持ってCAD導入に向けたスケジュールを立てることが重要です。

予算次第ではオーダーメードのソフトを取り入れよう

市販のCADのソフトでは十分に作業効率アップを図ることが難しい場合には、法人向けにオーダーメードのソフトの開発を行っている業者にサポートを依頼するのも良いでしょう。オーダーメードのCADソフトの開発コストについては、それぞれの業者の方針やソフトの機能の種類、操作性などに大きく左右されるため、早めに信頼できる業者の技術者や営業担当者にコンタクトを取ることが大事です。また、性能にこだわってCADソフトの導入を目指すうえで、自社内の現場のエンジニアの声を積極的に取り入れるのも有効です。その他、理想的なCADソフトの導入に向けて、日ごろから複数の民間企業で使われているCADソフトの特徴について参考程度に調べてみるのもおすすめです。

電気CADは設計データが盗まれないように管理者権限やパスワード管理ができるかどうかが重要です。アクセスにおいても外部からの侵入を防ぐことがポイントです。